プロフィール

上遠野文音(かとうのあやね)

上遠野文音プロフィール写真

神奈川県出身。
父、上遠野衞(琴古流尺八奏者)と母、西谷しのぶ(生田流箏曲宮城社大師範)のもと、2歳より生田流箏曲を学ぶ。

東京藝術大学大学院卒業。宮城会教師。森の会会員。一般社団法人「伝統芸能国際化協会」在籍。和楽器演奏集団「互 -tagai-」メンバー。東京都公認ヘブンアーティスト。鶴見区民文化センターサルビア・アーティスト。

幼少から箏を学ぶ身でありながら、一度音楽を離れ、再び箏曲の道を志した経歴をもち、「伝統邦楽器」としての箏と、「現代」日本人の感性を繋ぐことに注目し、箏曲が人々の身近に在り続ける方法を模索する。

そのなかでも「手ほどき」に深く関心をもつ。
過去に、成田空港の特設ステージにおいて箏曲体験指導およびデモンストレーションを担当、東京藝術大学大学院卒業論文では手ほどきをテーマに多くの文献を分析・研究するなど、研究と実践の両面から箏曲初心者を読み解く。

現在は個人・ユニットでの演奏活動を行なうほか、「一億人でさくらさくらが弾ける日本」をテーマに、飛び込み参加型のワークショップを自主企画として毎週開催する、部活動の講師を担当する、など、主に箏曲初心者を対象とした体験・演奏企画を開催。

いずれも、音楽の経験に関わらず、箏を身近に感じることが出来ると好評。
現在は東京・神奈川で箏曲教室を開催。

経歴

1997年
宮城会箏曲コンクール(のちの宮城道雄記念コンクール) 児童部一位受賞

2003年
宮城道雄記念コンクール 一般部一位受賞。歴代最年少、当時14歳
大和市教育委員会より功労表彰を受ける。当時、中学生の受賞は初、最年少

2004年
第一回東海大学アートコンクール音楽部門 優秀賞

2006年
フランス大使館などの後援による「日仏芸術文化協会派遣・日仏こども音楽隊フランスコンサート」ツアーに参加。「うてや鼓」のソリストを務める

2008年以降
私立聖ヨゼフ学園で、音楽科目の箏曲指導補佐、箏曲教室指導補佐を務める

2010年
東京藝術大学 音楽学部邦楽科 箏曲生田流専攻に入学
在学中は、邦楽科の主催する演奏会において、しばしばアナウンスを担当、また、依頼を受ける。

2013年以降
邦楽愛好者による発表会「邦楽同人発表会~邦遊」を主催。以降四回、企画・運営を行なう

2014年
皇居内桃華楽堂にて催される皇后陛下主催演奏会において、卒業生代表として御前演奏を務める
東京藝術大学大学院 音楽研究科 生田流箏曲専攻 修士課程に入学

2016年
東東京藝術大学大学院 音楽研究科 生田流箏曲専攻 修士課程を卒業。論文では「現代の「手ほどき」における入門書の在り方の一考察」と題し、30冊近くの箏曲入門書を扱う
横浜市鶴見区民文化センターサルビアホールの主催する、「サルビア・アーティストバンク」オーディションに合格
一般社団法人「伝統芸能国際化協会」の事務局に就任。和楽器演奏集団「互 -tagai-」の1stアルバム制作、および結成記念コンサートの統括を行なう
東京都の主催する「ヘブンアーティスト」オーディションに合格

2017年
箏曲家として本格的に活動を始める

2018年より
私立聖ヨゼフ学園小等部アフタースクール(箏曲講座)講師、中等・高等部箏曲教室講師を勤める
複合施設「上野桜木あたり」において毎週水曜日にワークショップを開催